Open Laptop

BUILDING 

​×

INFORMATION 

ITで建築業界をInovateする

建築とITの融合し加えてゲームエンジンを利用したAR/VRへの展開とBIM導入による更なる可能性を見出します。

 

ハブ株式会社について

「HAB」は人と人、人と仕事をつなげる
架け橋となるという願いと、
Human And Businessの
二つの意味を持っています。
私達は主に建築分野におけるICTを使った
AR/VRの利用促進とコンサルティング業務
また、それに係る勉強会、イベントの企画・運営を行っています。

 

サービス

イベントサイトE
Business Meeting
Ceramic Collection

​​BIMの普及啓蒙活動

これまでの建築設計の現場ではCAD(2次元の図面)で作成していましたが、3次元モデルの作成に変化しつつあります。設計図面だけではなく、コスト算出や解析、CG作成など、多種多様な分野にデータを利用できるようになりました。
そういった技術の集合をBIMと呼びます。
B Bulding(ビルディング)
I Information(インフォメーション)
M Modeling(モデリング)

3次元という特性を生かし、コンピューター上に現実と同じ建物の立体モデルを再現していく仕組みです。

このBIMに係るコンサルティング業務に加えて布教活動として定期的にBIMユーザーを集めて勉強会、イベントの企画・運営を行っています。

NON GAME企画・開発

従来のBIMソフトに加えてDCCツールとゲームエンジンを駆使して新しい表現と
お客様のご希望に添えられる様なコンテンツ作成、またAR/VRへの展開も実現します。

​​イベント事業

現在、活躍されているクリエイターや学生、または未来のクリエイターに向けてのイベントや勉強会を定期開催しております。

​イベントの企画・運営から勉強会のフォローアップまで多岐に渡り支援させて頂きます。

 

過去のイベント

HAB Inc.では、業界の発展と成長為に様々なソフトについての勉強会やイベントの企画・運営を執り行っております。
BIMソフト、DCCツールやゲームエンジンのイベント・勉強会の開催についてもご相談ください。

BIM BRASTO

ITに比べ各社の壁が厚く、同業他社との意見交換がしにくい建設業界。 効率的とは言えない従来型のワークフローも相まって、業務に忙殺される事も多く、自発的な若手の成長を促す機会も十分とは言い難い状況です。
そんな中BIMは、品質/生産性/コスト/安全面などの観点から、既存のワークフローを改善する可能性を秘めており、高い注目を集めています。
しかし、会社間ひいては自社内でさえ知見の共有がなされず、現場は暗中模索の孤軍奮闘と、関心の高さとは裏腹にその真価を発揮できてるとは言えません。
そこで「BIM BraSto」はIT業界の風通しの良い文化にならい、立場を超え、若手のBIM従事者が集まり意見交換をする場として発足しました。
オープンイノベーションや多様性を求められるご時勢ではありますが、BIMの利用推進と周辺技術の活用を通し、新しい技術や概念を受け入れる下地を整える事で、閉鎖的な業界体質を変革していく一端を担えればと考えています。
定期的にイベントを開催し、実務や開発者、学生の立場から、建築とBIM、ゲームエンジンやxRでの活用といった、BIMを取り巻く「イマ」「ミライ」について、語らいましょう!

3,1_edited.jpg

STEM CAMP

HABでは子ども向けSTEM教育のワークショップを定期開催しております。

2020年度よりすべての小学校においてプログラミング教育が必修化されます。
「必修化された=プログラミング授業」が独立してあるのではなく、理科や算数の授業の中に、パソコンを使ったプログラミング教育が取り入れられます。STEM教育は総合的な学びということになります。

学校で本格導入が始まる前に、親子で参加して子供の才能をみつけてみませんか?

STEMCAMP-PETS4_edited.jpg
 

​​WORK

 

COMING SOON

会社概要

正式社名:ハブ株式会社
代表取締役社長:梁河 雄

所在地:〒102-0072

    東京都千代田区飯田橋4丁目4-8

    東京中央ビル 5階

設立年月日:2019年1月21日

資本金:250,000円

 

​​お問い合わせ

日本、〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4丁目4−8

​​東京中央ビル 5階

Giving a Presentation
 

©2019 by HAB Inc.. Proudly created with Wix.com